矯正自由が丘歯科室の診療理念

東京・自由が丘の非抜歯矯正専門クリニック

自由が丘の矯正歯科クリニック

矯正・自由が丘歯科室は、東京都世田谷区自由が丘の矯正歯科専門クリニックです。

日本矯正歯科学会認定医、日本抗加齢医学会専門医の篠崎直樹が院長をつとめ、これまでの矯正治療件数は3,000件を超えております。

歯は健康で楽しい人生を送るための、かけがえのない臓器です。

当クリニックは、「歯を抜かない」非抜歯矯正を診療理念とし、最新の技術を取り入れた綿密な治療計画をたて、矯正治療にあたっております。

矯正治療を中心とした、生涯を見据えた歯科治療を1ヶ所で

乳歯が生え、それが永久歯に生え替わると、その歯とのお付き合いは一生続きます。

替えのきかない永久歯を是非大切にしていただきたいのですが、残念ながら、土台自体に問題がある状態では、お口の衛生管理は難しくなってしまいます。

歯と歯肉を生涯にわたり、健康に維持していくためには矯正治療が必要となってきます。


ここに来れば、予防、小児、むし歯、義歯、インプラント、外科、審美、ホワイトニング、口臭治療等、あらゆる専門的な治療が受けられ、また、どんな年代の患者さまにも対応でき、しかも、将来を見据えた首尾一貫した治療ができるクリニックが必要です。

1ヶ所ですべての治療が行えるというメリット

自由が丘歯科室イメージ

皆さまは現在、矯正であれば矯正医にかかり、審美歯科であれば審美専門のクリニックといった具合に、それぞれ別々のところにかかっていらっしゃると思います。

矯正治療の前にむし歯があれば、まずその治療を行わなければなりませんし、歯周病があれば、その治療を先に行わなければなりません。

通常であれば、それぞれの専門医のところに紹介状を書き、患者さまはそれを持って現地まで足を運んでいただきます。

また、矯正治療の途中でも、万が一、むし歯になったり、歯茎に問題が生じた場合には、一般歯科医のところに行って、治療をしていただくことになります。

これでは、患者さまもあちこちの歯科クリニックに通わなければならなくなり、そのたびに振り回されてしまいます。

当クリニックは、一生お付き合いのできる総合歯科クリニックを目指しています。

それぞれの専門ドクターにこだわる理由

当クリニックでは、院長の篠崎が「自分自身が診てもらいたいと思う方」という基準で選ばせていただいた各科に精通したドクターを配置し、お一人の患者さまに対してさまざまな角度から検討し、総合的に診断して最適な治療方法を導きだす、というような、総合的な歯科治療を進めております。

ドクター1人で、一般歯科治療も、矯正治療も、歯周病もと診療することは不可能ではありませんが、内科の医師が外科のメスを持つようなことはしたくありません。

当クリニックでは、一般歯科治療のプロ、矯正治療のプロ、小児歯科のプロ、審美歯科のプロといった形で、それぞれの専門ドクターによる診療を行っております。

顎関節に問題がある状態で歯並びだけを整えても意味がない

矯正治療の大きな目的の一つは咀嚼(そしゃく)機能の回復ですが、その咀嚼機能をコントロールしているのは顎関節です。

土台となるあごが正しく機能していなければ、いくら歯列だけを美しく並べても咀嚼機能は回復しません。

院長である篠崎は、大学院で顎関節と噛み合わせとの関わりをテーマとして研究し、博士論文を書きあげた関係で、特に顎関節の環境を整えてから矯正治療に当たることの必要性を痛感しております。

噛み合わせの問題を抜きにして顎関節の治療は考えられず、噛み合わせと顎関節の関係について熟知している専門家は矯正医の他にいません。

当クリニックでは、歯並びが悪くなってしまっている原因を表面的な歯の位置関係からだけでなく、顎関節を含めた体全体の関係性を通して判断するよう、心がけております。

可能な限り顎関節についても良い環境にしてから矯正治療をスタートさせることが肝心です。

矯正自由が丘歯科室の運営方針:5つの安心

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約