診療システム

プライベート診療

待合室や診療室、カウンセリングルームはそれぞれ個別空間となっており、他の患者さまの視線を気にせず診療を受けることができます。

プライベートな個室空間

完全滅菌システム

当院では、患者さま毎に完全滅菌を施した治療器具を用意し、治療を行います。

現時点で一番確実な減菌方法と言われている、薬液にて消毒した器具を個別に包装し、過熱殺菌を施す方法を取っております。

また、内装材には環境ホルモンに配慮した素材を使用し、患者さまの健康に配慮しております。

CT設備

CT設備

正確な診断と治療計画をたてるため、院内にCT設備を備えております。

CT治療イメージ

お子さまが通いやすい仕組み

お子さまの出入りを把握する安心メールシステム

当クリニックではご希望のお子さまに下記のようなカードを発行しています。

こどもクラブ会員証

入退出の際、裏面のバーコードをリーダーに通していただくと、ご指定のメールアドレスにメールで通知します。

駅の改札を通るたびに居場所を通知するシステムがありますが、同じ仕組みで、親御さまにはとてもご安心いただけるシステムです。お一人で来院されるお子さまには是非ご活用ください。発行料は無料です。

キティーちゃんのところにはお子さまの顔写真を入れていただけるため、小さいお子さまも喜びます。

セキュリティー上ご希望でない場合には、お好きなキャラクターをお持ちいただいて入れることも可能です。

子ども待合室

絵本やDVDが揃ったチャイルドルーム

子供の歯の母子手帳

子供の母子手帳

当クリニックオリジナルの「こどもの歯の母子手帳」でお子様のお口を管理します。

フッ素塗布の記録や、レントゲン作成記録、また、矯正中の歯の移動写真などをつづっていきます。

お父さま、お母さまからのご質問事項なども記入していただければ、担当ドクターがご回答するようなページもあります。

一方的な治療ではなく双方向な治療を目指す当院のモットーを代表するツールです。

ハンディキャップをお持ちの方に優しいクリニック

バリアフリーの院内

バリアフリーの院内

ハンディキャップをお持ちの方や、ダウン症の多くの方は、大学病院などの歯列矯正科に通われている方がほとんどではないでしょうか。

その理由として、大学病院は他科との連携が取りやすいことや、個人クリニックではどうしても人の目が気になるということもあるのかもしれません。

しかし、何時間もかけて遠くの大学病院に通われたり、大学病院では、診療時間は午後3時までといった制約もあり、現実的には学校生活との兼ね合いが難しいのではないでしょうか。

私どもでは、各科に精通したドクターを集めた総合的な診療体制を取っており、診療内容は大学病院と変わらぬ治療を目指しています。

また、待合い室、4つの診療室および2つのカウンセリングルームはそれぞれ個別空間となっており、他の患者さまの視線を気にせず診療を受けていただくことができます。

院内はバリアフリー設計となっており、車椅子の方も安心して御来院いただけます。ハンディキャップをお持ちの方も心おきなく通っていただくことができる体制を整えております。

是非、個人クリニックだからと遠慮なさらず、お電話でも、メールでもお気軽にご相談ください。

当クリニックは、国から障害者自立支援指定医療機関顎口腔機能診断施設の指定を受けております。

先天疾患(唇顎口蓋裂など)をお持ちの方の矯正治療や歯の移動だけでは治療が不可能で、骨の移動を手術で行う矯正治療に対し健康保険が適用となります。

院内ツアー

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約