後戻りの原因と予防

後戻りとは?

せっかく矯正治療をしても、リテーナーの装着を怠ったりすることが原因で、治療前やそれに近い状態に歯列が戻ってしまうことを後戻りといいます。

せっかく時間とお金を掛けて治療をしているのですから、後戻りをすることは極力避けなければなりません。

歯列矯正で後戻りをしないために

歯の周りの骨や軟組織が新しい環境になじむためには治療期間と同じ時間がかかると言われています。

この時期にリテーナーという歯並びを保つ装置をつけないと、後戻りを起こしてしまいますので、矯正が完了し、きれいな歯並びを手に入れたとしてもしばらくの間は油断は禁物です。

当クリニックでは、矯正治療終了後の保定期間の管理料(1年間)も最初にお支払いいただく治療費に含まれておりますので、どうぞご安心ください。

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約