最適な矯正開始時期

3歳~12歳ぐらいまで

この時期はまだ顎(あご)が成長している時期ですので、あごの成長をコントロールすることで、将来の美しい歯並びにつなげます。

小児矯正

留学矯正

成人の方

歯は大人になってからでも問題なく動きます。

成人の方の場合は、お仕事との兼ね合いや、歯のコンディションを考慮しながら治療を進めていきますが、年齢が上がれば上がるほど様々な歯のトラブルが起こりやすくなりますので、なるべく早い段階での矯正治療が必要です。

成人矯正

裏側(見えない)矯正

マウスピース(見えない)矯正

ブライダル矯正

妊婦さんの矯正

高齢者の方

年齢を重ねれば重ねるほど、どうしても歯を失うリスクは高まります。

歯を1本失うと、隣り合う歯が不安定になり、さらに歯を失うリスクが高まりますので、少しでも長く自分の歯で食事ができるよう、予防の意味で矯正治療が必要になります。

また、アンチエイジング効果を期待して口元の若々しさを取り戻したいと通われるご年配の方も増えています。

高齢者矯正

非抜歯矯正のデメリット

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約