見えない裏側矯正

矯正治療を気づかれたくない接客業や仕事中に治療中であることを気づかれたくない方へ。

他人に気づかれない裏側矯正で見えない矯正を始めませんか?

裏側矯正とは?

裏側矯正とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を舌側(歯の裏側)につけるため、表側からは矯正をしていることを他人に気づかれにくい矯正方法です。「見えない矯正」、または「舌側矯正」とも呼ばれます。



見えない裏側矯正

[装置は裏側(リンガル方式)にあり、表側から見えません]

接客業など、これまでどうしても矯正装置をつけることができなかったという方で裏側からの治療を希望する方も増えています。

裏側矯正のメリット・デメリット

裏側矯正のメリットは、なんと言っても他人に治療を気づかれにくいことです。


逆に、下記のようなデメリットもあります。

舌側に装置をおくため、慣れるのに時間がかかる

表側矯正よりも歯磨きが少々たいへんになる

治療費用が通常矯正の1.5倍程度かかる

とはいえ、周囲の人に気づかれずに治療が行えるという点は大きな魅力ですので、デメリットを十分にご理解いただいた上で、患者さまの目的に合わせて治療法を選ばれることをおすすめいたします。

よくある質問

裏側からの治療は特別の治療なのですか?なぜ、治療費が高いのですか?

歯に力を加えて移動させるという意味では、表側の矯正も裏側の矯正も同じです。ただ、裏側に矯正装置(ブラケット)をつけようとすると、どうしても装置間の間隔が短くなってしまいます。裏側からの装置の場合、歯のガタガタが同じ程度であっても、歯に針金から加わる力は数倍にもなります。また、裏側の矯正は装置が見えにくいそのため、裏側矯正は、表側矯正とくらべて手間がかかること、矯正装置のコストが割高であることから、表側の矯正とくらべて高く設定されることが多いです。

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約