顎関節症と矯正治療

顎関節症の原因

あごの関節は、動きの自由度が高いことから、とても複雑な構造をしています。

そのあごの関節の動きを受け止めているのが、顎関節円板という、クッションの役割をしている軟組織です。

関節の移動が激しいと、この関節円板に負担がかかり、関節円板の位置がずれてしまうことがあります。このずれが、顎関節症の原因の一つです。

その他にも、顎関節症は、いくつかの原因が絡み合って起きることが多いです。

顎関節症の主な原因

咀嚼筋障害

関節包・靱帯障害

関節円板障害

変形性関節症

心因的な要因に起因するもの

あごの関節も他の関節と同様に、コラーゲン繊維でできた靱帯や筋肉で支えられています。

生まれつき靱帯や筋力が弱い人は顎関節症になりやすいと言えます。

その他、悩みやストレスも顎関節に負担を強いる場合があります。

顎(あご)の痛み

顎関節症に痛みが伴う場合は、肩こりと同じで顎関節のバランスが悪いために咀嚼筋にこりを生じている場合があります。

この痛みは矯正治療によって噛み合わせのバランスが整うと、取り除かれることがあります

顎関節症では「バイトプレート」というマウスピースを使って、歯列全体で均等に噛めるようにするプレート療法があります。

プレート療法によって歯列全体で噛めるようになると、それまで緊張していた筋肉がリラックスし、筋肉のこりがとれて痛みが軽減します。

噛み合せを適正化する矯正治療

矯正治療の大きな目的の一つは咀嚼(そしゃく)機能の回復ですが、その咀嚼機能をコントロールしているのは顎関節です。

土台となるあごが正しく機能していなければ、いくら歯列だけを美しく並べても咀嚼機能は回復しません。

噛み合わせの問題を抜きにして顎関節の治療は考えられず、噛み合わせと顎関節の関係について熟知している専門家は矯正医のほかにいません。

顎関節症の治療についても、矯正歯科医が果たすべき役割は少なくないと考えています。

顎関節症でお悩みの方は、是非一度矯正・自由が丘歯科室にご相談ください。

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約