歯科矯正の治療費(料金・費用)

矯正・自由が丘歯科室の治療費の総額は、
「初診相談費用」+「検査費用」+「治療費用」の合計金額となります。

初診相談費用

初診相談費用

初診相談
5,000円(税抜)

1時間ほどお時間をいただき、患者さまのお口の状態を拝見し、矯正に関するご不安やご希望を伺います。インターネットを見てご予約いただき、本診療をお申込いただいた場合は無料となります。

※学生さんは初診相談料無料(セカンドオピニオンは除く)です。

無料特典を受けるには

検査費用

検査・診断料

検査・診断料
45,000円(税抜)

歯型やお口の写真、レントゲン撮影をさせていただき、専用シミュレーションソフトにより治療前後のお口やお顔の変化を提示します。また、お口の中のむし歯菌、歯周病菌の検査をいたします。治療中の検査費用も含まれます。

セットアップ診断料

セットアップ診断料
20,000円(税抜)

治療のゴールを患者さまに確認していただき、治療方法の適正さを検証するためにセットアップモデル(歯型模型)を作成します。

治療方法別の費用目安

前期治療
(こどもの矯正)

床矯正イメージ
200,000~270,000円(税抜)

3歳~12歳ぐらいまでの、顎(あご)の成長がとまる頃までの子供の矯正治療です。あごの成長をコントロールすることで、将来の美しい歯並びにつなげます。期間は3、4ヶ月~半年程度で終了するケースもあります。

上下表側矯正

表側矯正イメージ
700,000~950,000円(税抜)

上下の歯の表側に装置をつけるオーソドックスな矯正方法です。目立ちやすいのが難点ですが、近年はクリアータイプや、ホワイトワイヤーなど、目立ちにくい装置もあります。使用する装置は最も患者さまに合ったものをお選びいただけます。

上下裏側矯正

裏側矯正イメージ
1,000,000~1,300,000円(税抜)

上下の歯の裏側(舌側)に装置をつける矯正方法です。「見えない矯正」とも言われるように、矯正治療をしていることに気づかれないことが最大の利点ですが、舌側に装置を装着するため、慣れるのに時間がかかるという傾向もあります。接客業の方など、どうしても矯正装置を見られたくないといった方々に人気の矯正方法です。

コンビネーション

コンビネーション
850,000~1,150,000円(税抜)

上の歯だけ裏側(舌側)に装置をつけ、下の歯には表側に目立ちにくい装置をつける矯正方法です。舌がある下の歯の裏側に矯正装置をつけないため、上下裏側矯正よりも違和感がないのが特徴です。

マウスピース矯正

マウスピース
760,000~950,000円(税抜)

上下の歯に透明な装置を装着します。矯正治療をしていることに気づかれにくく、歯磨きの時などに取り外しができるのが特徴です。装置をはめていないと歯が動かないため、患者さまの努力が必要な矯正方法です。インビザラインとも呼ばれます。

部分矯正

部分矯正イメージ
全顎の1/3~1/2程度

その名の通り、歯列の一部だけを対象とした矯正方法です。前歯や出っ歯の矯正、八重歯やすきっ歯などを部分的に矯正をする場合が当てはまります。全ての歯を対象とする場合よりも短期間で治療が終わり、費用的な負担も軽いのが特徴です。

お支払い方法

お支払い方法は、下記をご用意しております。

現金

現金払いでのお支払い方法です。一括、もしくは分割でのお支払いが可能です。

クレジットカード

クレジットカードもご利用いただけます。お支払いは一括のみとなります。

郵便振替

郵便局の口座振替でのお支払い方法です。(手数料当院負担)

歯科矯正の治療費につきまとう不安

矯正治療には基本的に保険が適用されません。(一般歯科治療は保険適用となります。)

そのため、歯列矯正の治療費については不安を感じられる方がいらっしゃるかもしれません。

矯正・自由が丘歯科室では、患者様に安心して治療をお受けいただくため、下記のような料金体系をとっております。

当クリニックの料金体系の特徴

東京医科歯科大学歯学部(院長出身校)に準じた価格体系

予め治療にかかるトータル料金を明示

なるべく患者さまが不安を感じないように、ご不明な点は丁寧に説明をさせていただきますので、どうか安心して治療をお受けください。

保険が適用されるケースについて

当院は障害者自立支援指定医療機関、顎口腔機能診断施設の指定を受けており、先天疾患(唇顎口蓋裂など)をお持ちの方の矯正治療や、歯の移動だけでは治療が不可能で、骨の移動を手術で行う矯正治療に対し健康保険が適用となります。

保険で治療が行えるのは、必ず矯正治療が必要であると国が認めているためです。

ただ、上記以外の矯正治療では、どの医療機関であっても保険を使うことはできず、自費診療となります。

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約