妊婦さんの矯正

治療中にご妊娠されるケースも多いのですが、治療の継続に問題はありません。また、装置をつけたままでご出産も問題ありません。ただ、妊娠中は虫歯のリスクが高まります。

お口の中の衛星状態を清潔に保つことで、妊婦さんでも矯正治療が可能です。

妊娠中に高まる虫歯のリスク

妊婦

妊娠中、または出産後のお母様のお口は様々な要因により歯肉炎や虫歯のリスクが高くなってしまいます。

妊婦さん特有の現象

つわりの影響で丁寧なブラッシングがとても困難になります。

ホルモンバランスの変化により歯周病菌が増殖し妊娠性歯肉炎を引き起こします。

妊娠中期~後期にかけて胎児の発育に伴い胃が圧迫されます。そのため、1回で摂る食事の量が減り、間食が自然に増える傾向があります。

このように様々な変化がお母様のお口の中で起きています。

逆にいうと、虫歯になりやすい妊婦さんの傾向をよく理解し、普段よりも虫歯予防に細心の注意を払うことで、妊娠期間中の矯正も可能となります。

妊娠中からご自分のお口のケアをなさっておられる方は、生まれてきたお子様のお口のケアも大変良好である傾向にあります。ご出産後に親子で通院されるケースも少なくありません。

妊娠中のお口のケア

適切なブラッシング

○つわりにより清掃が困難な方はヘッドの小さな歯ブラシを使用しましょう(お子様用や仕上げ磨き用がお勧めです) 。

○低発砲性の物など刺激の少ない歯磨き粉を使用しましょう。

○不快感を減らすためにやや前かがみになり、掻き出すように磨きましょう。

○体調が良い時にブラッシングするのもお勧めです。

キシリトール

○キシリトールを毎日摂取して頂くと虫歯の原因菌が減少します。

○虫歯菌を出産前に減らすことは生まれてくるお子さんへの感染リスクを低くし、お子さんの虫歯予防に大きく関わりますので是非ご活用ください。

細菌検査

○現在の虫歯のリスクを測定する検査です。

○生活習慣や唾液の質など、細菌数と併せて虫歯の因子を検査し予防プログラムをご提案させて頂きます。

PMTC

○普段の歯磨きでは磨ききれない歯の汚れを、歯科専用機器を使って歯科医や歯科衛生士がきれいにクリーニングします。定期的にお受けいただくことで、虫歯のリスクを減らせます。

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をプレゼント!

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

無料小冊子ご請求フォーム

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話 地図 予約