非抜歯矯正でよく使う装置

非抜歯で歯が並ぶスペースを確保するための方法は主に2つあります。


非抜歯矯正で良く使う装置の種類を、2つの方法別に画像付きでご紹介します。

倒れて狭くなった歯槽骨(しそうこつ)を起こすための装置

拡大装置

イメージ非抜歯で使う拡大装置
特徴歯列全体や一部を拡げることで歯が並ぶスペースを確保するための装置です。矯正の事前処置として行うことで、ブラケットやマウスピース矯正による矯正期間を大幅に短縮することが可能です。
メリット
  • ・歯が並ぶスペースを確保できるため歯を抜かないで治療できる可能性が高まります。
  • ・治療の前段階として行うことで、治療期間を短縮できます。
デメリット
  • ・装着時間が短いと効果が少なくなります。
  • ・しゃべりづらく感じる場合があります。

ワイヤー(ブラケット)

イメージ非抜歯で使うワイヤー装置
特徴ブラケットと呼ばれる装置を歯に接着させ、歯を動かしていく矯正器具です。一般的にイメージされる治療法です。近年は目立たない矯正への需要から、金属だけでなく白や透明のプラスチックやセラミック製のブラケットが増えてきました。
メリット
  • ・実績のある矯正器具です。
  • ・様々な不正咬合に対応できます。
  • ・透明なブラケットと白いワイヤーなど、目立たせないための選択肢が豊富です。
デメリット
  • ・ワイヤーやブラケットを歯の表面に取り付けるため、矯正をしていることが周囲にわかりやすいです。
  • 歯磨きをしっかりしないと虫歯になりやすくなります。

口の奥の方へ歯を移動させるための装置

カリエール

イメージカリエール装置
特徴近年開発された、上顎前突(出っ歯)の治療に使用する矯正器具です。犬歯から大臼歯を遠心移動させます。矯正の事前処置として歯を並ぶスペースを作っておくことで、ブラケットやマウスピース矯正による矯正期間を大幅に短縮することが可能です。
メリット
  • ・矯正治療の事前処置として歯が並ぶスペースをつくることができますので、非抜歯で治療できる可能性が高まります。
  • ・本矯正で矯正器具をつけている期間を短くすることができます。
  • ・上顎前突(出っ歯)症例の事前処置などに適しています。
デメリット
  • ・カリエールが取り付けられないほどガタガタな歯並びの場合は使用することができません。
  • ・犬歯を下げたくない場合は使用が適していない場合があります。

カリエール使用イメージを動画でご覧いただけます

インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)

イメージ矯正用インプラント
特徴一般の歯科用インプラントと違い、虫ピン程度の非常に小さなインプラントを歯茎に埋め込み、インプランを支点にして歯を遠心方向へ移動させます。従来限界と考えられていた移動距離や移動方向が見直され、非抜歯による治療の可能性が飛躍的に拡大しました。
メリット
  • ・遠心方向への歯の移動距離を大きくできるため、非抜歯で治療できる可能性が高まります。
  • ・本矯正で矯正器具をつけている期間を短くすることができます。
  • ・部分矯正など動かしたい歯だけ動かすことができます。
デメリット
  • ・歯茎にインプラントを入れる必要がありますので、麻酔をする必要があります。
  • ・治療終了後、インプラントを取り除く必要がありますが、跡は残りません。

ペンデュラム

イメージペンデュラム装置
特徴奥歯を後方に移動させるための装置です。矯正治療の初期に利用し、永久歯が並ぶ土台作りを行います。土台ができた後は、通常の矯正装置を利用します。
メリット
  • ・6歳臼歯がかなり後ろに下がるため、非抜歯治療の可能性が高まります。
  • ・表から矯正器具が見えずらいです。
デメリット
  • ・装置が大きいため最初は違和感があります。
  • ・食べ物が詰まりやすいため、しっかり歯磨きをする必要があります。

ペンデュラムで非抜歯矯正に成功した症例

ペンデュラム症例

MEAW(キムテクニック)

イメージMEAW(キムテクニック)装置

※当院のマルチワイヤーは形状記憶合金を使用しているため、目立たない屈曲で同様の力を歯に加えることができます。見た目も通常のワイヤー矯正と変わりません。

特徴MEAW(ミュー/ミョー)とは、Multiloop Edgewise Arch Wireの略で、ループがある特殊なワイヤーを利用し、歯を1本ずつ同時に三次元的に動かすことができる装置です。ループが複数あるため、マルチループとも呼ばれます。前歯部の浮き上がっているワイヤーをしっかり入れて、ゴムで前歯が浮き上がらないようにすると、ワイヤーの力が臼歯部に伝達し、後ろに動くというメカニズムになっています。患者様ごとにオーダーメイドでワイヤーの形をつくるので、経験と技術が要求される装置です。
メリット
  • ・臼歯部の後方への傾斜が可能になることで、非抜歯矯正の可能性が拡がります。
  • ・歯を同時に複数の方向へ動かすことができるので、治療期間が短縮されます。
  • ・開咬が外科手術なしで治せる場合があります。
  • ・顎が左右にずれている場合の非対称治療に効果を発揮します。
デメリット
  • ・ワイヤーを通常の3倍程度使うので、見た目がよいとは言えません。

キムテクニックを使って中心線のずれと叢生を改善した症例

MEAW(キムテクニック)で非対称と叢生を治療した症例

あごが左右にずれている場合は、上下のあごのずれを治す根本治療としては外科手術をする必要があります。

しかし、そこまではしたくないという方の場合は、カモフラージュ治療といって、その骨格の中で歯を移動させて噛み合わせを改善させる方法が取られます。

一番治療が難しいとされるこの非対称のケースで威力を発揮するのがキムテクニックです。

キムテクニックによって後方への移動距離を稼ぐことができるので、抜歯せずに治療することができます。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

イメージマウスピース(インビザライン装置)
特徴治療段階にそった透明なカバーを定期的に作成し、少しずつ歯を動かしていく装置です。透明なので目立たず、取り外しが可能という特徴があります。
メリット
  • ・透明なので社会人の方でも負担なく治療が続けられます。
  • ・食事の際に取り外しができます。
デメリット
  • ・装着を忘れると効果が薄れます。
  • ・歯型の精度に治療の成功が左右されます。
  • ・症例によっては利用できない場合があります。

※インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

iTero(アイテロ)

※iTero(アイテロ)は精度の高いマウスピース矯正を行うための装置です。

イメージitero(アイテロ)
特徴3Dスキャンによりマウスピース作製のための高精度な歯型を取ります。治療後の歯並びを確認してからの治療開始できるため、治療前と治療後のイメージのずれが少なくなる特徴があります。
メリット
  • ・治療後の歯並びを事前に確認できる。
  • ・透明で目立たない。
  • ・食事の際等に取り外しができる。
  • ・精度の高い矯正治療が行える。
  • ・歯の後方移動だけでなく歯列の拡大もしやすい装置なので非抜歯治療にも大きく貢献する。
  • ・前歯の位置を固定して治療シミュレーションを行うことができます。
デメリット
  • ・装着を忘れると効果が薄れます。
  • ・通常のマウスピースと同じで症例によっては利用できない場合があります。

矯正で使う装置の種類

非抜歯矯正についてよくわかる小冊子をご用意しております。

小冊子「後悔しない非抜歯矯正のすすめ」

大切な歯を抜く前に抜歯矯正と非抜歯矯正のメリット・デメリットを正しく知っておきたい、という方のために書き下ろしました。

初診相談にお越しいただいた方、当院で診療を開始される方にお渡しさせていただいております。

Copyright (C) 矯正自由が丘歯科室. All Rights Reserved.

電話お問い合わせ 地図医院の行き方 予約診療予約フォーム